読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2児の母みほこの育児日記と漫画のネタバレブログ

漫画大好き2児の母みほこです☆ 女の子2人の育児日記と漫画のネタバレを書いていきます。

スポンサーリンク

少女ファイト(しょうじょふぁいと)ネタバレ感想【心に刺さる言葉】無料試し読みあり

 

こんにちは!

 

 

漫画大好き2児の母みほこです。

 

 

今回は

 

少女ファイト

 

を読んだ感想を書きます。

 

 

今回はネタバレを含みますので

先に試し読みをすることを

おすすめします。

 

 

 

⇒まんが王国で無料試し読みする方法

 

 

 

 

少女ファイト

ネタバレ感想

「どうにもならない

他人の気持ちは

あきらめて

どうにかなる

自分の気持ちだけ

変えませんか」

 

 

これは

女子バレー部の部員である

田切学(おだぎりまなぶ)が

同じく部員の主人公・

大石練(おおいしねり)に

贈った言葉です。

 

 

小学生の時

姉を失った悲しみを忘れるため

バレーボールに打ち込んだ練。

 

 

その狂気的なのめり込み具合や

相手チームだけではなく

自分のチームからも

恐れられるプレーから

ついたあだ名は

 

『狂犬』。

 

  

練のプレーは

仲間に恐れられると同時に

優れた攻撃力を誇っていましたが

それがために仲間との間に

亀裂が走り

ついには違う高校へ

転入することになりました。

 

 

転入先の高校で出会った

田切学は

練の中学時代の

クラスメートでした。

 

 

しかし当時の学は

太っていることが原因で

いじめられていて

高校では

すっかりスリムになっていた

学に練はすぐに

気付きませんでした。

 

 

練はその卓越したバレーの技術から

バレー部に入部をすすめられます。

 

 

転入した高校は

『黒曜谷』という

バレーボールの名門校であり

今は亡き練の姉が

バレーボールに打ち込んだ

高校でもありました。

 

 

練は自分の狂気的なバレーボールが

「再びチームメイトを

傷つけてしまうのではないか」

という不安に苛まされながらも

入部を決意。

 

 

学はそんな練に憧れて

バレーボールに関しては

全くの初心者にも関わらず

練と同様にバレーボール部に

入部を決めました。

 

 

黒曜谷高校バレーボール部に

集まったのは

ひとくせもふたくせもある

部員たち。

 

 

その中で1人

 

『賭けバレー』

 

に手を染めていると

噂される部員がいました。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

この事実が学校側にバレれば

インターハイの出場停止

は必至。

 

 

それでも

仲間を見捨てることができず

練は黒曜谷の部員たちと共に

賭けバレーが行われている

地下会場へ乗り込みます。

 

 

その賭けバレーの会場で

練が見たものは

かつて自分が在籍していた

高校のチームメイトでした。

 

 

賭けバレーは違法。

 

 

参加選手の全員は

マスクを付けていて

顔は半分見えない状態でしたが

バレーボールに対して

誰よりも熱意のある練が

かつての仲間のプレースタイルを

忘れるはずがありません。

 

 

『狂犬』と呼ばれ

仲間を傷つけまいと

自分の攻撃的なプレーを

封印しそうになった練に

学が言います。

 

 

「どうにもならない

他人の気持ちは

あきらめて

どうにかなる

自分の気持ちだけ

変えませんか」

 

 

昔のチームメイトから

どんな風に思われようと

今のチームメイトは

練の本気のバレーボールが

見たいのだ。

 

 

どれだけ他人の気持ちを慮っても

他人から受ける評価が

変わらないのなら

まずは自分が生きやすいように

自分の心を変えてあげればいい。

 

 

そんな学の優しさに心打たれました。

 

 

学の一言で練が救われるように

また別のところでは

練の何気ない一言で

他の誰かが救われたり

「この世界は

自分だけでできているのではない」

と思わせてくれるところが

非常に好きです。

 

 

この漫画を読まずして

女子バレーボールは

語れません!!

 

 

スポーツが得意でない

わたしがそう感じるほど

わたしにとっては

衝撃的な作品でした。

 

  

無料試し読みもできますので

読んでみてください。

 

 

特にスポーツ好きな人には

おすすめします。

 

 

 

⇒まんが王国で無料試し読みする方法