読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2児の母みほこの育児日記と漫画のネタバレブログ

漫画大好き2児の母みほこです☆ 女の子2人の育児日記と漫画のネタバレを書いていきます。

スポンサーリンク

ドラマ逃げ恥【結婚と家事】あらすじネタバレ感想

こんにちは!

 

 

漫画大好き2児の母みほこです。

 

 

今回もドラマ

 

【逃げ恥】

 

の感想記事書きます。

 

 

原作の漫画を

まだ読んでない人は

試し読みしてみてください。

 

 

 

⇒まんが王国で無料試し読みする方法

 

 

 

こちらも読んでください 

 

 

 

  

ドラマ逃げ恥

結婚と家事

 

このドラマを見て感じたことは

 

やはり家事は

大変な仕事

 

である

ということです。

 

 

家事は

人間が生きるために

必要な作業です。

 

 

どれだけ素晴らしい仕事をして

高いお給料を得ても

人が生きていくためには

洗濯をして掃除をして

食事の準備をすることが

必要です。

 

 

近年は

みくりが仕事としている

家事代行というサービスが

増加傾向にあります。

 

 

昔なら

平匡くらいの年齢の男性なら

結婚して

奥さんが家で

家事や育児を行っているのが

一般的でしたが

最近はそのような風潮は

減少しています。

 

 

社会で1日働いた後に

家事を行うのは

大変なことです。

 

 

だから平匡は

家事代行サービスを

利用しているのです。

 

 

それを考えると

 

以前の日本の生活が

理想的な暮らし

 

だったのではないかと

思いました。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

しかし現在は

女性も社会で

仕事をするのが

当たり前のようになり

結婚して

子供を育てることだけが

人生の選択肢

ではなくなってきました。

 

 

たとえ結婚しても

仕事を続ける女性は多いので

家事や育児は

夫婦で分担している

家庭もあります。

 

 

けれども

家事は女性が行うものだ

という概念は

まだ日本社会に

根強く残っているため

女性も苦労を強いられている

ことも少なくありません。

 

 

かくいうわたしも

ムスメちゃんの子育てと

パートをしています。

 

 

幸いなことに

家族の協力があり

家事も育児も

分担しているので

わたしだけが

苦労をしているという

感覚はありません。

 

 

でも

ママ友の話しを聞く限りは

家族で家事を分担している

家庭は少ないです。

 

 

このドラマを通して

またママ友の話も合わせて

日本における結婚と

家事のあり方について

考えるさせられる

ことになりました。

 

 

 

⇒まんが王国で無料試し読みする方法

 

 

 

 こちらも読んでください