読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2児の母みほこの育児日記と漫画のネタバレブログ

漫画大好き2児の母みほこです☆ 女の子2人の育児日記と漫画のネタバレを書いていきます。

スポンサーリンク

【新選組好きは読んで欲しい】北走新選組ネタバレ感想

北走新選組

 

こんにちは!

 

 

漫画大好き2児の母みほこです!

 

 

【北走新選組

 

のネタバレ感想記事です。 

 

 

無料試し読みありますので

読んでみてください。

 

 

 

⇒Handyコミックで試し読みする方法

 

 

 

前回の記事はこちら

 

 

 

 

北走新選組ネタバレ感想

 

作者曰く

 

新選組ものの漫画はほとんどが

京都時代で終わってしまうので

それなら私が

鳥羽伏見から描いてしまおう」

 

との事で

あのだんだらの揃羽織は

この漫画ではほぼ出てきません。

 

 

鳥羽伏見以降

北へ転戦する

土方歳三中心の新選組

その周辺の組織や

人物の話になっています。

 

 

史実ですので

少なからず死ぬ人が出てきます。

 

 

分かっているとはいえ

やはり読んでいて切なくなり

涙が出てきます。

 


絵はきれいです。

 

 

土方は勿論

他の人物も

 

歴史もの特有の

古臭さ

 

はありません。

 

 

既にちょんまげは

切り落とし

学ラン風の隊服を

着ているからかも

れませんが

キャラは今風です。

 

 

北へ向かう隊を描いているので

「白」が印象的な

画面になっていると思います。

 

 

京都時代の激しく苛烈だったのが

箱館に至ると

優しく柔らかくなる土方を

象徴しているかのようです

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

新選組とは・・・

 

 

局長亡きあとの

新選組の意義とは・・・

 

 

戦うとは・・・

 

 

生きるとは・・・

 

 

「義」とは・・・

 

 

その答えは皆それぞれで

それらを支えに皆戦います。

 

 

土方にとっての

「義」は近藤局長でした。

 

 

その局長が死に

土方は途方に暮れます。

 

 

しかし戦いはめまぐるしく進み

どこか空虚な気持ちのまま

刀を振るい続ける土方の姿は

とても儚く淋しげです。

 

 

新選組ものの新しい漫画だー」

と思って読んでみましたが

色々と考える事の多い

歴史漫画となっていると思います。

 

 

無料試し読みできますので

興味ある人は読んでみてください。

 

 

 

⇒Handyコミックで試し読みする方法